登山に向かいましたがやっぱやめて猿倉温泉(青森県)に入浴して帰ってきました。

八甲田山に登山でもしようかなと思いおにぎりと経口補水液みたいなものと風呂の道具を持って大岳付近までバイクで行きましたが雪がまだ大岳にあってヤバそうなのでやめて猿倉温泉に入浴してきました。土日しか日帰り入浴はやってないみたいなので、ちょうど土曜日でラッキーだったのです。日帰り入浴の時間も、9時から15時なで短めで、昼ちょい前に着いて、まだ混んでないようでラッキーでした。 去年も今頃、バイクで行って雪が残っていたので猿倉温泉に入って登山しないで帰ったような気がします。 効能は神経痛、リューマチ神経症、婦人病、皮膚病に効くようなので、誰かそれ系の人がいたらすすめたい系です。 てゆーか、温泉に入るだけなら、下流焼山温泉と他いくつかの温泉も猿倉温泉の源泉を引いているような説明があったのであっちでも入れる系で下流もいつか試してみたいなと思いました。

山にまだ雪残ってる f:id:hataichi:20180527221334j:plain

f:id:hataichi:20180527222618j:plain

冬の下北

下北半島縦貫道路が吹越ICまで開通したらしいのでお正月休みにいってきました。

大湊側から仏ヶ浦に行きました。 f:id:hataichi:20180103134243j:plain f:id:hataichi:20180103134245j:plain 冬は観光客もこないので、漂着物が多くてゴミゴミしてます。 f:id:hataichi:20180103134834j:plainf:id:hataichi:20180103140158j:plainf:id:hataichi:20180103140350j:plain 土産屋も閉まってます。

f:id:hataichi:20180103140215j:plain

展望台のようなところから。 f:id:hataichi:20180103141506j:plainヒルのような雪の塊がなぜかあった。 f:id:hataichi:20180103141445j:plain 願掛け岩? f:id:hataichi:20180103144929j:plain 海沿いの神社のようでタイル張り f:id:hataichi:20180103144418j:plain

佐井村付近で、人が住んでるところは雪がなくて移動は楽でした。むつ市とか大湊付近は雪が多くて移動は危険な感じでした。 下北半島を一周(ショートカットしても)して、戻って来て8時間ぐらいもかかったので一日中運転してる状態でものすごい疲れました。

八甲田山 高田大岳登山201708

天気が曇りだったので雲海みれるかと思いましたが見れませんでした。

1か月ぐらい前に熱中症で救急搬送されてやや体調がよくない感じでしたが、なんか行きたい感じだったので行ってきてしまいました。

ルートは谷内温泉側から登り同じルートで帰ってきました。

今回はかなりきつく感じました。登っている途中で熱中症の時のような感じの症状っぽくなってきて、ヤバイとおもったのでだいぶペースを落として登り切りました。汗も、ものすごい出てました。

そんな中で登山中ですれ違った人たちは4人でした。登山口で2人会いましたが登山してきたのか、遊歩道を一周してきたのかわからない感じだったので、4人です。

2人は組で登山していて、他2人は単独で登山していた模様でした。その中でも単独で登山していた人が年上の男性でしたが、ものすごい速さでした。ていうか、自分が調子が悪かったので早くみえたのかもしれないです。

 

今回、登ってみて、装備で塩おにぎり2個はよかったです。熱中症のような感じで具合悪くなってきたときに食べたらかなり症状がよくなりました。

 あまりよくなかったのはアクエリアスを持って行ったのですが、なんか、飲んだ直後はよかったのですが、チョットしたら気持ち悪くなりました。アルギニンがあまりよくないのかなと思ったりしました。よくわからないですけど。

 

ほかに、靴が安い1980円ぐらいの靴でいったら、登りはまあまあ良かったのですが下りで膝にダメージがすごいくるのでもっといい靴が必要だと思いました。あと砂利が靴にはいるので砂利が入らないような靴にするか、普通の靴の場合は砂利除けみたいなものがないと靴に入ると、下りの時に特に砂利が痛くてたまりませんでした。あと、帽子もかぶっていかなかったので、日陰がない場所では辛かったです。ほかに、リュックも背中の通気性が悪くて、汗だくで気持ち悪くなりました。

そのほか、疲れて座るときに敷物も必要だと思いました。

 

あとは、気持ち的なところでは、最初はガンガン登っていましたが、途中からきつくなって、また、熱中症になったら、山中だと救急車も呼べないので死亡してしまうので無理しないでゆっくりイコーみたいな気持ちで気持ちを切り替えて、少しずつゆっくり休みながら登りました。

 

時間的には2時間ぐらいで登って、下りも具合悪かったので2時間ぐらいかかったような気がします。下山してから谷内温泉に入ってきました。昨年は下山して出口付近のところの木の遊歩道みたいなところで滑って転んで泥だらけになりましたが、今年はなんか木の遊歩道みたいなところに滑り止めが付いていたので転ばないですみました。

 

ほかに、頂上で大岳の方を見ると万年雪みたいなものなのかただ単にまだ溶けていない雪なのかが見えました。そして、風もその雪のせいか冷たい風でひんやりしていました。頂上でも反対側は暑かったです。

 

内容的にはカッコ悪い登山でしたが、いろいろ学ぶところがあって良かったと思いました。次に登るときにはもっと快適に登りたいと思いました。
f:id:hataichi:20170806211756j:image
f:id:hataichi:20170806211823j:image
f:id:hataichi:20170806211837j:image



f:id:hataichi:20170806211702j:image
f:id:hataichi:20170806211744j:image


f:id:hataichi:20170806211611j:image
f:id:hataichi:20170806211633j:image
f:id:hataichi:20170806211655j:image

f:id:hataichi:20170808220201j:image


八甲田山 高田大岳登山

登山してみようー!
思いついたので行って来ました。
あいにくの曇り空でしたが山頂は晴れていました。
雲海もみれてラッキーでした。
でも、40歳越えての登山はマジ、きっつーいです。小学生の時はもっと楽だったと思います。
ルートは谷地温泉側から登って同じルートを帰って来ました。
今度は、別の八甲田山に登って降りてみたいと思います。

f:id:hataichi:20160723170847j:image

f:id:hataichi:20160723170901j:image

f:id:hataichi:20160723170948j:image

f:id:hataichi:20160723171001j:image

f:id:hataichi:20160723171033j:image